空と桜。

セレッソ大阪と一口馬主のブログ

G1TC2019年募集馬②(ノーザンファームYearling空港)

今、千歳空港で帰りに飛行機を待っています。

2時間遅れで大阪に着くのが深夜12時半の予定です。
最悪です・・・

こう言う事になるとはつゆ知らず北海道に前日夜に入り募集馬見学ツアーに参加してきました。
初日はバス8台で350名ほどの参加だったようです。

今年もG1TCの馬のみを見てきましたのでその写真をアップします。
去年とは違い天候は持ちましたので一応、全頭撮影したはずです。
※画像と共に簡単(適当)なコメントを残していますが全く当てにはなりませんので予めご了承ください。

それではまずはノーザンファームYearling空港です。
ここでは牡馬4頭の展示でした。


トップセラーの18(モーリス)
f:id:skycerezo:20190607205917j:plain
f:id:skycerezo:20190607205927j:plain
毎年見栄えのする馬を出すのですがこれも良い馬でした。
モーリスに関しては関係者の意見を総合すると2歳戦からバリバリではなく3歳以降に本格化。
アベレージではなくホームラン傾向ではないか。と言う感じでした。

ヴィルジニアの18(ハーツクライ
f:id:skycerezo:20190607205937j:plain
f:id:skycerezo:20190607205809j:plain
5月生まれと言う事で小さいです。
もう少し成長を見ないとですね。

アルフォンシーヌの18(エイシンフラッシュ
f:id:skycerezo:20190607205818j:plain
f:id:skycerezo:20190607205827j:plain
これと言って印象には残ってません・・・
まぁエイシンフラッシュの成績が成績ですからね。

ティアラトウショウの18(リアルインパクト
f:id:skycerezo:20190607205836j:plain
f:id:skycerezo:20190607205844j:plain
評判の良いリアパク産駒。
これも良さげでした。
お値段もお手頃ですしここの中では一番楽しめそうな気はします。

まぁ、G1TCでノーザンの馬に出資するのもどうかって話なので個人的には今後追分産を中心に選ぶと思います。

次回、早来ファーム編に続きます。