空と桜。

セレッソ大阪と一口馬主のブログ

マイルチャンピオンシップ南部杯観戦記【一口馬主】

日数は経ってしまいましたが盛岡競馬場まで南部杯の観戦記です。

さて、事前に盛岡までどうやって行こうかなと調べたところ、飛行機で直接盛岡まで行くとなるとJALしか無くANA派の自分と致しましては、仙台経由で新幹線に乗り盛岡まで行くことにしました。

まずは伊丹から仙台まで。
f:id:skycerezo:20181012163518j:plain


到着したのは11時過ぎ。
仙台駅まで移動してから昼食をと思っていましたが空港に牛タン屋があった為、ここで良いかと食べることにしました。
f:id:skycerezo:20181012163511j:plain
個人的にはもう少ししっかりと焼いた方が好みではありますが柔らかく美味しゅうございました。

仙台駅まで移動しホテルに荷物を預けて新幹線で一路、盛岡まで。
盛岡駅から競馬場へは13時ごろまで無料シャトルバスがあるようなのですが着いた時間が3時過ぎでしたのでタクシーで向かいました。
時間にすれば約30分、代金は3000円ちょっとで山奥にある盛岡競馬場に到着です。

入場すると正面に馬の銅像が。
f:id:skycerezo:20181012163436j:plain

コースを見に行くと向正面奥には山があり自然に囲まれてるというのがよくわかります。
f:id:skycerezo:20181012163427j:plain

南部杯までは、まだ時間があるのでウロウロと。
f:id:skycerezo:20181012163420j:plain
地方所属で中央のG1を勝ったらメイセイオペラはやはりここでは英雄のようです。

名物のジャンボ焼き鳥を買いに並ぶ。
f:id:skycerezo:20181012163413j:plain

塩かタレか悩みましたがタレで。
f:id:skycerezo:20181012163404j:plain
タレを付けているんですが外はパリッと中はジューシーと凄く美味しかった。
列が出来るのも頷けます。

そうこうする内に南部杯パドックの時間。
f:id:skycerezo:20181012163304j:plain

復活した今年のフェブラリーSノンコノユメ
f:id:skycerezo:20181012163300j:plain

このレースを連覇した事のあるベストウォーリア
f:id:skycerezo:20181012163256j:plain

現ダート王者1番人気ゴールドドリーム
f:id:skycerezo:20181012163252j:plain

そして、3歳チャンプとして古馬に挑む我らがルヴァンスレーヴ
f:id:skycerezo:20181012163249j:plain

JDDの時よりもトモのボリュームが増しており凄みを感じました。
f:id:skycerezo:20181012163212j:plain

そして騎乗。
f:id:skycerezo:20181012163207j:plain

f:id:skycerezo:20181012163202j:plain

f:id:skycerezo:20181012163156j:plain
ミルコのルーティーンの頭ナデナデ。

薄暮競馬という事で暗くなり始めました。
f:id:skycerezo:20181012162638j:plain
そろそろレースの時間。

レース動画。
youtu.be
レースはゴールドドリームにマークされる形でしたが2kg差があったとは言え強い勝ち方で完勝でした!
JDDの時は出遅れてどうなるかなと思いドキドキして見ていましたがこの日は何だか落ち着いて見られました。
ゴールした瞬間に小さくガッツポーズして小走りで口取りの集合場所に移動しお仲間さんと握手を交わしました。
※この日のレース実況なんですがG1レーシングの勝負服とケルヴィンサイドに騎乗していた菅原騎手の勝負服が似てまして4コーナー手前まで、実況の方がルヴァンスレーヴをずっとケルヴィンサイドと言い続けてるという何ともお粗末なことになってます(泣

まずは出資者である我々と写真を撮影しそのあと関係者の方々の撮影です。
f:id:skycerezo:20181012162626j:plain
山元TCが隣の県と言うこともあり山元TCの関係者の方が沢山来られてました。
みなさん嬉しそうです。

そして厩舎関係者(調教助手さん、騎手、担当厩務員さん)の撮影。
f:id:skycerezo:20181012162620j:plain

f:id:skycerezo:20181012162611j:plain
この日萩原調教師は凱旋門賞へ行ってるとの事で不在でした。
後で知りましたがクリンチャーを凱旋門賞へ出走させてたマエコーさんが沢山の調教師さんを招待していたそうです。

その後、表彰式などを見てお仲間さんに暮れに中京での再開をお約束し仙台のホテルに向かいました。
帰りもシャトルバスがあるようなのですがすぐに来なさそうでしたのでタクシーで盛岡駅まで移動し新幹線に乗って仙台に戻りました。
新幹線ではルメール騎手とノンコノユメの加藤先生が同じ車両に乗られてました。
どっかで見たことあるなと思ったらお二人でしたね(笑

しかし、どこまで強くなるんでしょうか?
出資者の想像を遥かに超えてしまったルヴァンスレーヴ。
もうここまで怪我せず来たら行けるところまで行ってもらえればと思っています。