空と桜。

セレッソ大阪と一口馬主のブログ

3歳馬振り返り。

3歳未勝利戦は今週末までありますが愛馬の未勝利戦への出走はもうありませんので15年産の成績振り返りをしたいと思います。

この年はノルマンディー勢の活躍がありましたのでついついクラブを増やしてしまった訳ですが結果はどうだったでしょうか?


ルヴァンスレーヴ(G1TC)
もう、言う事はないです。
3歳ダート王者になり次走は古馬との対戦となりますが十分通用すると信じていますし、これからまだまだ夢を見させてくれると思います。

バイオレントブロー(キャロットクラブ)
デビュー戦はのちのG1馬ケーアイノーティックの2着で2戦目で勝ち上がりました。
その後は大きく崩れる事はほとんどないものの勝ちきれない時期が続きましたが前走では見事に勝ちきり2勝目を挙げました。
血統的に菊花賞に向けてTRに出走するかなと思いましたが休ませて条件戦から一歩一歩行くようです。

トゥザフロンティア(キャロットクラブ)
ある意味で一番期待(価格的に)を大きく裏切った事になる馬なのかなと思います。
とは言えデビュー勝ちですし、あまり向いていない2000mを使われていましたから馬の能力が原因かどうかはわかりません。
次走はデビュー勝ちしたマイルとの事なので期待したい。

ツァイトライゼ(ノルマンディーOC)
本日、今後が発表されましたが地方でファンド継続との事です。
キャロットでこの成績であればすぐに引退サラオク行きでしょうけどね。
地方でどの程度走れるのか費用が掛かるのか興味もありますしもう少し様子見します。

ペルランドール(ノルマンディーOC)
この馬に関しては本当に対応が適当というかちゃんとやってない感がありましたね。
ノルマンディーの悪いところを見せてくれたと言う結果だけです。

ディスティニーレイ(ノルマンディーOC)
掲示板にもそこそこ載り中央最後のレースでは1番人気に支持されましたが結局勝ちきれず。
再転入を目標に地方からやり直しです。

ミラビリア(ノルマンディーOC)
ノルマンディー馬で唯一中央で勝ち上がった馬です。
500万でも掲示板に載るなど500万でそこそこ頑張ってくれそうです。

オンファサイト(ノルマンディーOC)
デビュー戦13番人気で4着と驚かせてくれ2走目に地方交流で早々に勝ち上がりましたが、その後なかなか増えない馬体重で苦労して数走る事ができませんでした。
これからも馬体重には苦労しそうです。

さて、成績集計ですが・・・
f:id:skycerezo:20180927214558p:plain
8頭中5頭勝ち上がり。
ルヴァンスレーヴで重賞も勝てましたし楽しめた世代でした。
2頭のみ勝ち上がりのノルマンディー馬に関しても数走ってはくれていますので、その点は良かったのではないでしょうか。

この世代は引き続き期待できる馬が多いので楽しませてくれるでしょう。