空と桜。

セレッソ大阪と一口馬主のブログ

G1TC2018年募集馬⑧

いよいよ、G1TCオンリー会員の本番である追分ファームリリーバレーでの展示ですが!

時間の割り振りが25分しかありません。
あるサッカー解説者であれば「ふざけた展示時間だ!」と怒り出しそうです。
実際は5分ほど早く到着しましたので30分ほどの時間に牡馬牝馬合わせて18頭頑張って見ました。

f:id:skycerezo:20180611234437j:plain

頭数が多いので牡馬と牝馬分けて記事にします。


アンチュラスの17(ルーラーシップ
f:id:skycerezo:20180611233946j:plain
f:id:skycerezo:20180611233936j:plain
これは人気でした。
実際馬も非常によく見えました。

テイクミーハイヤーの17(ゴールドアリュール
f:id:skycerezo:20180611233923j:plain
f:id:skycerezo:20180611233844j:plain
ダートの短距離に適性がありそう。
引いているおねーさんが可愛かったです。

アルアマーナの17(クロフネ
f:id:skycerezo:20180611233823j:plain
f:id:skycerezo:20180611233814j:plain
すらっとしていて芝でも行けそうなクロフネでした。

メモリアルサマーの17(エイシンフラッシュ
f:id:skycerezo:20180611233803j:plain
f:id:skycerezo:20180611233754j:plain
フラッシュの仔は見栄えがしますね。

ニンフⅡの17(ディープインパクト
f:id:skycerezo:20180611233656j:plain
f:id:skycerezo:20180611233647j:plain
母方に種牡馬ヨハネスブルグがいる血統。
米3冠を達成したジャスティファイの父父がヨハネスブルグなので人気が出ちゃう?

レイヌドネージュの17(ロードカナロア
f:id:skycerezo:20180612000201j:plain
f:id:skycerezo:20180612000150j:plain
今年リーディングを突っ走っている藤原厩舎と言う事でギャラリーは多し。

エターナルビートの17(ロードカナロア
f:id:skycerezo:20180611233636j:plain
f:id:skycerezo:20180611233620j:plain
こちらもローカナ産駒で人気でした。
ローカナは全体的に値段がねー

ヨナグッチの17(オルフェーヴル
何故か写真撮影してませんでした・・・
なので記憶になしです。

チェリーペトルズの17(ハービンジャー
f:id:skycerezo:20180611232557j:plain
f:id:skycerezo:20180611233606j:plain
いやー好みの馬体なんですよね。
引いている人に「やっぱり短距離っすかね?」って聞いたら「まぁマイルまででしょうね。」との回答。
キャロットでフォレストゾーンの仔のアルセイド(父アグネスタキオン)に出資していたと言う因縁(?)もあります。

スカイアライアンスの17(ゴールドアリュール
f:id:skycerezo:20180611232521j:plain
f:id:skycerezo:20180611232513j:plain
5月生まれにしてはしっかりとした体でした。
この母の仔は勝ち上がり率は高いのですが流石に20歳時の仔となるとどうでしょうか。

ガーネットチャームの17(ハービンジャー
f:id:skycerezo:20180611232546j:plain
f:id:skycerezo:20180611232535j:plain
OCD手術直後と言う事で厩舎内展示でした。
運動できないのでストレスでイライラしているとの事ですが通常時は全然そんな事はないと言うお話でした。
手術までは順調だったので秋口には調教を開始できるような感じでした。
非常に良い馬でした。

追分ファームリリーバレー牝馬編に続く。