空と桜。

セレッソ大阪と一口馬主のブログ

G1TC2018年募集馬④

空港にはバス8台で約300人以上の会員が集合。

まず向かったのはノーザンファームYearling空港(牡)の展示です。

ここではG1TCの募集馬5頭の展示です。
45分で5頭なので時間は余裕です。

f:id:skycerezo:20180609141934j:plain
天候は曇りで暑くもなくいい感じでした。


アンプレヴーの17(リアルインパクト
f:id:skycerezo:20180609145010j:plain
f:id:skycerezo:20180609141910j:plain
父も母もキャロット所属馬で、THEキャロット血統なわけですが値段の割に良い印象でした。
師に対して特に悪い印象が無ければなかなか面白いかも。

アイズオンリーの17(トーセンホマレボシ
f:id:skycerezo:20180609141753j:plain
f:id:skycerezo:20180609141741j:plain
特に印象はなかったです。

シュペトレーゼの17(ダノンシャンティ
f:id:skycerezo:20180609141731j:plain
f:id:skycerezo:20180609141721j:plain
この馬も値段の割には面白そうな。

プロミネントの17(ジャスタウェイ
f:id:skycerezo:20180609141710j:plain
f:id:skycerezo:20180609141534j:plain
候補だったんですが実馬を見るとこれといった印象はなかったです。
ここだとアンプレヴーを見ている時間の方が長かったなと。

フォーシンズの17(ゴールドアリュール
f:id:skycerezo:20180609145029j:plain
f:id:skycerezo:20180609145021j:plain
引いていた人曰く芝でも行けそうな素軽さはあるとのこと。
正直、ゴルアなら「ダートっすね!」と言い切って欲しいので、このコメントはどうかなと言う印象。

ここではアンプレヴーの17、シュペトレーゼの17の安い2頭が個人的には面白そうでした。

おまけ一口400万のブエナビスタの17。
f:id:skycerezo:20180609145037j:plain
凄い数の人間に囲まれても堂々としてました。
この馬に関しては元が取れるかどうかと言うよりもロマンなんでしょうけど・・・

その後NFPに移動し海鮮丼を食べて午後の部に備えました。
f:id:skycerezo:20180609141457j:plain